ACMR - ACMリサ―チ (ACM Research Inc.) ACMリサ―チ

 ACMRのチャート


 ACMRの企業情報

symbol ACMR
会社名 ACM Research Inc (ACMリサ―チ)
分野(sector) Technology   ハイテク
産業(industry) Industrial Machinery/Components  
業種 半導体製造装置_試験装置   工業(Industrials)
概要 事業概要 Acm Research Inc. develops manufactures and sells single-wafer wet cleaning equipment which semiconductor manufacturers uses in manufacturing steps to remove particles contaminants and other random defects in fabricating integrated circuits or chips. The Company’s Ultra C equipment is designed to remove random defects from a wafer surface even at an advanced process node (the minimum line width on a chip) of 22 nanometers (nm) or less. Its equipment is based on its Space Alternated Phase Shift (SAPS) and Timely Energized Bubble Oscillation (TEBO) technologies. Its SAPS technology uses alternating phases of megasonic waves to deliver megasonic energy to flat and patterned wafer surfaces in a uniform manner on a microscopic level. Its TEBO technology provides cleaning for both conventional two-dimensional (2D) and three-dimensional (3D) patterned wafers at advanced process nodes.   ACMリサ―チは米国の産業機械メ―カ―。主に半導体メ―カ―が集積回路およびチップを製造する際に、粒子や汚染物質を除去するウェットクリ―ニング装置を開発、製造、販売する。同社の「ウルトラC」装置は効果的にウェハ―表面からランダムな欠陥を除去するように設計されている。本社所在地はカリフォルニア州フリ―モント。   ACM Research Inc develops, manufactures and sells single-wafer wet cleaning equipment which is used for semiconductor industry. Its product is designed to remove random defects from a wafer surface effectively, without damaging a wafer or its features.
本社所在地 42307 Osgood Road Suite I Fremont CA 94539 USA
代表者氏名 David H. Wang David H. Wang
代表者役職名 President Chief Executive Officer Director 社長兼最高経営責任者(CEO)
電話番号 +1 510-445-3700
設立年月日 1998年
市場名 NASDAQ National Market System
ipoyear 2017年
従業員数 191人
url www.acmrcsh.com
nasdaq_url https://www.nasdaq.com/symbol/acmr
adr_tso
EBITDA EBITDA(百万ドル) 3.20800
終値(lastsale) 10.815
時価総額(marketcap) 171760369.2
時価総額 時価総額(百万ドル) 176.28670
売上高 売上高(百万ドル) 52.69900
企業価値(EV) 企業価値(EV)(百万ドル) 168.78370
当期純利益 当期純利益(百万ドル) 2.86400
決算概要 決算概要 BRIEF: For the six months ended 30 June 2018 ACM Research Inc revenues increased from $14.4M to $30.6M. Net income totaled $435K vs. loss of $2.7M. Revenues reflect an increase in demand for the Company's products and services due to favorable market conditions. Net Income reflects Non-operating income (expense) net increase from $292K (expense) to $311K (income) Equity income in net income of affiliate increase from $0K to $118K (income).

 ACMRのテクニカル分析


 ACMRのニュース

   ACM Research, Inc.(ACMR) CEO David Wang on Q1 2019 Results - Earnings Call Transcript  2019-05-11

 関連キーワード  (半導体製造装置_試験装置 米国株 ACMリサ―チ ACMR ACM Research Inc.)

半導体は、私たちが日常的に使っている携帯電話やパソコン、家電製品から産業機器、電車などの交通インフラなど、あらゆる電機・電子機器になくてはならない部品といえる。かつては高品質と低価格から、日本製品が世界的シェアの5割以上を占める時期もあった。その後は韓国や台湾勢の台頭などで日本勢は苦境ち、業界再編にもつながったが、材料から製造装置まで関連する企業はまだ多い。なお、半導体は多くの電機・電子機器の開発で早い段階から使用されるため、半導体の市況や動向が景気の先行指標となることがある。
半導体製造装置とは、半導体の形状加工や組み立て、検査など半導体を製造する過程で使用される装置のことで、各工程に特化した装置を手掛ける企業や複数の工程の装置を手掛ける企業がある。また、半導体製造装置の専業メーカーだけでなく、精密機器メーカーや電子機器メーカーなどで半導体製造装置を手掛ける企業もあり、裾野は広い。あらゆるものがインターネットで結ばれるIoT時代の到来は、膨大な情報量と我々の日常空間が、境界線が引かれることなく同化されていく過程でもある。東京五輪が開催される2020年には全世界ベースで500億台の機器がネットとつながるとも試算されており、その前提で世界のデータ量は同年までに現在の6倍水準に膨れ上がるともいわれている。つれて半導体の大容量化・高速化が進行することとなり、近年では記憶素子が従来の平面ではなく立体方向に積層化された革新的なフラッシュメモリー3次元NANDの開発で視界が大きく変わった。半導体製造装置業界も新たなステージを迎えている。

 twitter  (公式ツイッターやCEOツイッターなど)