GCP APPLIED TECH

 GCPのチャート


 GCPの企業情報

symbol GCP
会社名 GCP Applied Technologies Inc (GCP APPLIED TECH)
分野(sector)   
産業(industry)   
業種 建設資材   原材料・素材(Materials)
概要 GCP・アプライド・テクノロジーズ(GCP Applied Technologies Inc.)は特殊建築用化学薬品、特殊建材、包装シーラントおよびコーティングを製造・販売する。同社は2つの事業セグメントによって運営する。特殊建設化学品事業は、ポルトランドセメントの性能を管理する製品と、コンクリート混和剤とセメント添加剤などのポルトランドセメントを基盤とした材料、並びに具体的な生産管理システムを製造・販売する。特殊建設材料事業は、建築用エンベロープ製品、住宅建材および特殊建築用製品を製造・販売する。同社のブランドは、ADVA、CBA、MIRA、ADPRUFE、DARABLEND、およびAPPARTAを含む。  GCPアプライド・テクノロジ―ズは米国の特殊化学品メ―カ―。主に、建設用特殊建材、飲料食料品向けの包装シ―ラントやコ―ティングの生産と販売に従事する。特殊建材部門ではコンクリ―ト製品、コンクリ―ト生産管理システム、セメント製品、建物外構製品、住宅関連製品などを取り扱う。本社はマサチュ―セッツ州ケンブリッジ。  
本社所在地 62 Whittemore Avenue Cambridge MA 02140-1623 USA
代表者氏名 Randall S. Dearth
代表者役職名 President Chief Operating Officer
電話番号 +1 617-876-1400
設立年月日 42125
市場名 NYSE(ニューヨーク証券取引所)
ipoyear
従業員数 2100人
url www.gcpat.com
nasdaq_url
adr_tso
EBITDA (百万ドル) 142.60000
終値(lastsale)
時価総額(marketcap)
時価総額 (百万ドル) 2137.62800
売上高 (百万ドル) 1125.40000
企業価値(EV) (百万ドル) 2168.22800
当期純利益 (百万ドル) -18.60000
決算概要 BRIEF: For the fiscal year ended 31 December 2018 GCP Applied Technologies Inc revenues increased 4% to $1.13B. Net loss before extraordinary items decreased 36% to $18.6M. Revenues reflect Specialty Construction Chemicals segment increase of 5% to $643.5M Specialty Building Materials segment increase of 3% to $481.9M United States segment increase of 6% to $538.8M Asia Pacific segment increase of 7% to $245.6M.

 GCPのテクニカル分析


 関連キーワード  (建設資材 米国株 GCP APPLIED TECH GCP )

建設資材は文字通り建物を建設する際の材料であり、代表的なものでは鉄やコンクリート(セメント)がイメージされる。もちろん、木造住宅の場合は木材がそれに該当する。需要は建設需要に比例するが、製品価格の動向も利益を左右する。
建設業の業績の良し悪しは景気のバロメーターとして最も分かりやすいものだ。景気のテコ入れに行われる公共事業は建設業の業績にダイレクトに影響を与える。建設業の盛況は建設人員の大規模な雇用増につながり、その影響はやがて日本全体に広がっていく。 建設業は1980年代バブル期に大規模な負債を抱え、その後の失われた10年に続くデフレ経済下で長く冬の時代を過ごした。近年はこの状況が一変し、安倍政権下の国土強靭化など国策により収益機会が拡大しているほか、復興需要やリニア中央新幹線、東京五輪などのビッグプロジェクトが追い風となっている。一方で、資材の高騰や人手不足深刻化などの、利益圧迫要因には注意も必要だ。

 twitter  (公式ツイッターやCEOツイッターなど)