MAR - マリン・ペトロリアム・トラスト (Marriott International) マリン・ペトロリアム・トラスト

 MARのチャート


 MARの企業情報

symbol MAR
会社名 Marine Petroleum Trust (マリン・ペトロリアム・トラスト)
分野(sector) Consumer Services   消費者サービス
産業(industry) Hotels/Resorts  
業種 ホテル_モ―テル_クル―ズライン   エネルギ―(Energy)
概要 事業概要 マリオット・インターナショナル(Marriott International Inc.)は宿泊会社である。同社は3つの事業区分により構成される。北米フルサービス事業は米国及びカナダにおける「JWマリオット」、「マリオット・ホテルズ」、「シェラトン」、「ウェスティン」、「ルネッサンス・ホテルズ」、「ル・メリディアン」、「オートグラフ・コレクション・ホテルズ」、「デルタ・ホテルズ」、「ゲイロード・ホテルズ」及び「トリビュート・ポートフォリオ」を含むラグジュアリー及びプレミアム・ブランドを運営する。北米限定サービス事業は米国及びカナダにおける「コートヤード」、「レジデンス・イン」、「フェアフィールド・イン&スイーツ」、「スプリングヒル・スイーツ」、「エレメント・ホテルズ」及び「モキシ・ホテルズ」を含むブランドを運営する。国際事業は米国及びカナダ以外の地域における「JWマリオット」、「セントレジス」、「エディション」、「ブルガリ・ホテルズ&リゾーツ」、「マリオット・ホテルズ」、「ウェスティン」、「フォー・ポインツ」、「アロフト・ホテルズ」、「ACホテルズ・バイ・マリオット」、「プロテア・ホテルズ」、「エレメント・ホテルズ」及び「モオキシ・ホテルズ」というブランドを含む。   マリン・ペトロリアム・トラストは、米国のロイヤルティ・トラスト。メキシコ湾における石油天然ガスのリ―スへの支払いに対する権利の管理・清算手段を提供する。子会社を通じて、ルイジアナ州沖合いに位置する資産の利益権のほか、タイドランズ・ロイヤルティ・トラストBの株式32.6%を所有する。本社所在地はテキサス州ダラス。   
本社所在地 c/o Corporate Trustee: Southwest Bank 2911 Turtle Creek Blvd. Dallas TX 75219 USA
代表者氏名 John Willard Marriott ジョンウィラードマリオット
代表者役職名 Executive Chairman of the Board 取締役会長
電話番号 +1 301-380-3000
設立年月日 20607
市場名 NASDAQ Small Cap
ipoyear ―年
従業員数
url www.marps-marinepetroleumtrust.com
nasdaq_url https://www.nasdaq.com/symbol/mar
adr_tso
EBITDA EBITDA(百万ドル) 2864
終値(lastsale) 120.59
時価総額(marketcap) 41843299440.83
時価総額 時価総額(百万ドル) 38876.55
売上高 売上高(百万ドル) 21890
企業価値(EV) 企業価値(EV)(百万ドル) 47501.55
当期純利益 当期純利益(百万ドル) 2209
決算概要 決算概要 BRIEF: For the 26 weeks ended 30 June 2018 Marriott International Inc revenues increased 2% to $10.35B. Net income before extraordinary items increased 20% to $1.03B. Revenues reflect North America Full-Service segment increase from $3.28B to $6.66B Occupancy - % International increase of 2% to 69.4% Average Daily Room Rate-International increase of 6% to $163. Net income benefited from Gains (losses) and other income.

 MARのテクニカル分析


 関連キーワード  (ホテル_モ―テル_クル―ズライン 米国株 マリン・ペトロリアム・トラスト MAR Marriott International)

ホテル産業も訪日観光客の増加で新たな成長シナリオを手に入れた。従来のホテル産業はもちろん、ホテル経営を手掛ける電鉄株なども駅前再開発の動きと絡め、株価評価がガラリと変わった。予約サイト運営会社などにも収益機会がもたらされている。

 twitter  (公式ツイッターやCEOツイッターなど)