MDC MDC MDCホ―ルディングズ

 MDCのチャート


 MDCの企業情報

symbol MDC
会社名 M.D.C. Holdings Inc. (MDC MDCホ―ルディングズ)
分野(sector)   
産業(industry)   
業種 住宅建設   サ―ビス(Services)
概要 事業概要 M.D.C.ホールディングス(M.D.C. Holdings Inc.)は住宅建設及び金融サービスという2つの主要事業に従事する。同社の事業はアリゾナ、カリフォルニア、ネバダとワシントンに位置するセグメントを含むウェスト事業、カロラドとユタに位置するセグメントを含むマウンテン事業、ペンシルバニア州ニュージャージー州を含むバージニア州フロリダ州メリーランド州に位置するセグメントを含むイースト事業、HomeAmerican Mortgage Corporationを含むモーゲージ事業、Allegiant Insurance Company Inc.、StarAmerican Insurance Ltd.、American Home Insurance Agency Inc.とAmerican Home Title and Escrow Companyを含むほかの事業を含む。住宅建設事業は「リッチモンド・アメリカン・ホームズ」の名で初めて戸建て住宅購入者に戸建住宅を建設・売却するために必要なロットを購入する子会社で構成される。同社はまた土地の取得と開発、住宅建設、販売とマーケティングを含まれる。  MDCホ―ルディングスは、米国の持株会社。子会社を通じ、アリゾナ、カリフォルニア、ネバダ、ワシントン、コロラド、ユタ、バ―ジニア、フロリダ、メリ―ランド、ペンシルバニア、デラウエア、ニュ―ジ―ランドの各州で住宅を建設、販売する。また、不動産取引における住宅ロ―ン、保険、不動産名義変更手続きサ―ビスなども提供する。  
本社所在地 4350 South Monaco Street Suite 500 Denver CO 80237 USA
代表者氏名 Larry A. Mizel
代表者役職名 Chairman of the Board Chief Executive Officer
電話番号 +1 303-773-1100
設立年月日 26299
市場名 NYSE(ニューヨーク証券取引所)
ipoyear
従業員数 1581人
url www.richmondamerican.com
nasdaq_url
adr_tso
EBITDA EBITDA(百万ドル) 281.55200
終値(lastsale)
時価総額(marketcap)
時価総額 時価総額(百万ドル) 1782.50300
売上高 売上高(百万ドル) 3065.21600
企業価値(EV) 企業価値(EV)(百万ドル) 2438.50900
当期純利益 当期純利益(百万ドル) 209.44300
決算概要 決算概要 BRIEF: For the fiscal year ended 31 December 2018 M.D.C. Holdings Inc. revenues increased 19% to $3.07B. Net income applicable to common stockholders excluding extraordinary items increased 39% to $209.4M. Revenues reflect Homebuilding segment increase of 19% to $2.98B Financial Services segment increase of 12% to $83.4M. Net income benefited from Interest capitalized during the year increase of 14% to $62.6M (income).

 MDCのテクニカル分析


 関連キーワード  (住宅建設 米国株 MDC MDCホ―ルディングズ MDC )

住宅は個人消費としては最大級であり、それだけに金利動向や消費税、政策的な優遇措置などの影響が大きい。昨今のマンション建設ラッシュは国内経済の回復を現象面で示す材料だが、その反動も念頭に置いておくところ。
建設業の業績の良し悪しは景気のバロメーターとして最も分かりやすいものだ。景気のテコ入れに行われる公共事業は建設業の業績にダイレクトに影響を与える。建設業の盛況は建設人員の大規模な雇用増につながり、その影響はやがて日本全体に広がっていく。 建設業は1980年代バブル期に大規模な負債を抱え、その後の失われた10年に続くデフレ経済下で長く冬の時代を過ごした。近年はこの状況が一変し、安倍政権下の国土強靭化など国策により収益機会が拡大しているほか、復興需要やリニア中央新幹線、東京五輪などのビッグプロジェクトが追い風となっている。一方で、資材の高騰や人手不足深刻化などの、利益圧迫要因には注意も必要だ。

 twitter  (公式ツイッターやCEOツイッターなど)